Information

2018 / 02 / 01  15:24

Timeless.

 

 

タイムレスとは、

「永遠なるもの」「時を超えたもの」の意味を込めた記録の物語です。

 

ここ数年の間に、日本各地をミッシェルと歩いた芸術研究の中で、ある事柄に巡り会い、ひとつの冊子にまとめたものです。

それは、その道ゆく中で、出会った自然の落し物たちを収集し、残し始めたこと。

自然の落し物は、偶然にも私たちの眼に光ったもの、なぜか二人とも魅かれて持ち帰ったものがそこには集まっています。

それが植物標本をはじめた最初のきっかけ。

そして、集めていく中で、その記録を残して行こうと思いたち、初めて冊子としてまとめたのが「Timeless.」です。

 

ひとつ、ひとつの出会いはそれぞれに違い、その出会った時の印象・その風景の描写を文として残しています。

 

ー 詩的な文面は、自然の落し物と一緒に、その情景がきっとあなたの心に浮かびあがることでしょう。ー

 

 michelle co

 

 

FullSizeRender 4.jpg

 

 まだまだこの旅は続きます。

自然の中で出会った落し物にある不思議な魅力。

そして、今までに気がついていなかった自然の芸術を感じてもらえたらと

二人の旅がまた、2018年始まります。 

 

 

 

 

 

......................................................................................

この冊子を手に取ってご覧になりたい方や

ご興味のある方はこちらのwebにある

contact  にて、予約販売をお受けしております。

(詳細は問い合わせにて)

 

 販売日:2018/2/17〜

 

Timeless.  16p   (ポストカード 1枚付き)

1部:1200円 (消費税込)送料は別途

 

※ 限定部数のみ制作になります。

よって、在庫がなくなり次第

販売は終了いたします。

...................................................................................

 

 

2017 / 10 / 13  15:12

菓子木型美術館 - 芸術と素材の旅 -

今回は、金沢へ行った際に、思いがけない偶然があり、さらに以前から気になっていた事に出会った話。

「菓子木型美術館」は金沢にある老舗菓子店-森八-本店の2階にあります。

江戸時代より菓子作りに使われて来た木型は、落雁などの菓子の道具です。この菓子木型約1000点ほどが展示されて、圧巻の一言。

入った瞬間、菓子木型の優美さと力強さに感動し、制作された職人の方々が考えたアイデアと表現力の豊かさにも声が出ない感覚でした。

一日中いても、全ては堪能できない。その歴史ある菓子木型の膨大な数々にも驚きでした。

IMG_7005.jpg 

また、展示の紹介分にある「木型の誕生」「木型の素材」にある内容は、本を読むようにじっくりと一文字一文字読んだのを覚えています。

 

菓子本来はもちろんのこと。菓子の木型と一緒にその時代の巧みな模様と優美な彫りを見て、その長い歴史を感じさせる素晴らしい場所です。

ものづくりの中に宿る「芸術」に心の底から感動した旅に、ぜひ、また足を運びたい。

金沢の菓子木型美術館は時間をかけて見るのをお勧めします。

 

IMG_7007.JPG

 

2017 / 10 / 12  21:45

織物テキスタイル in 金沢21世紀美術館

初めての場所で、芸術の旅ひとコマ。

 

10月に嬉しいご縁があり訪れた場所は金沢21世紀美術館。

開催している日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展覧会<日々の生活気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness>

 

 IMG_6895.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会はもちろんのこと、今回のお話は、特別ワークショップ。

 

今回のワークショップは、デンマークのテキスタイルデザイナーのRosa Tolnov Clausen(ローサ・トルノウ・クラウスン)から布の由来や織りの手法などについてのミニレクチャーがあり、実際に手織り機で糸を織り、織物を作るという内容。

 

 IMG_6882.JPG

 

 IMG_6883.jpg  IMG_6876.jpg                     

 

 

 

ミニレクチャーでは、織物に関してはもちろんのことですが、織物を織る素材や道具についての話は、手織り機は日本製を使い、糸はデンマークとメキシコ製など使う。いわゆる、海外のさまざまな伝統を織りの素材と色というコミュケーションで、いくつも重ねていく手法をそれぞれが創り出すという事です。

 

  IMG_6886.JPG

 

そして、織る糸の選別や織っていく模様などは、織る人により、様々な色や模様を描き出す。全てがオリジナル作品。

さらに、開かれた場所でのワークショップは、世界各国の見学の方々がいろいろと質問、見学をしてくるので、美術館でありながら、アトリエのように賑やか!

 

IMG_6887.JPG

 

レクチャーから機織りの実践など、2時間の予定が大幅に延長。

そして、それぞれの作品はフォトグラファーの彼により、その実体験を写真に撮って、アーカイブされていきます。

レクチャーの流れから工程、記録と見学者の質問やコミュケーションなど、全てにおいて、わかりやすく開かれた場所のような美術館、

そしてフラットな自由さを感じた面白さもあり、普段の美術館では経験できないことが豊富でした。

一日中いてもじっくりと堪能でき、とても満足した時間。

  

金沢の街は全体的に見ると、アート作品やオブジェがしっくりと街の中で表現されているのが、とても楽しく、違う視点も膨らみ、殊の外楽しい時間を満喫。

新たな学びとして、面白い視点を与えてくれた金沢の旅は、芸術的な風景やコトづくりも含めて、とても良い刺激を与えてくれた時間でもありました。

 

旅の目的に、ワークショップがある場やその時期を見つけて、行くのはとてもお勧めです。

体験を含めた旅は、観光以上にもっと面白い時間を楽しめると思います。

 

 

 

2017 / 10 / 12  14:13

暮らしの食 - 郷土料理 - in 金沢

 

Osechi Ryori are the traditional foods enjoyed on New Year’s day in Japan.

I looked forward to making it.

 

今年のおせち料理は押し寿司作りを。

 

この押し寿司は金沢の郷土料理をアレンジしたものです。

昨年の10月、金沢で立ち寄った白山比咩神社の茶屋で教えてもらった料理。

白山比咩神社は、白山本山の白山神社の総本宮。1300年の歴史があり、静かでおごそかな自然があり、美しい山々や透きとおった水の溢れる音、澄みきった森林の道、体の奥に心地よい風が感じとれる場所でもあります。

 

1.jpg

 

 

 

2.JPG

 

 

 

その場所で、今回は郷土料理である「笹の押し寿司」を体験できることができたのは、良い機会に巡り会えたように思います。

 

この押し寿司は、白山の水で育まれた米と水を素材に作られたもの。

作って、食べた時はほんとに美味しく、ほんのりと笹の香りがして、酢飯が程よくて、口の中でしっとりと味わえる優しい味です。

 

1-1.jpg

 

 

 

 2-1.jpg

さらに押し寿司の型箱も頂いたので、今年のおせち料理は押し寿司のモザイクアート的にアレンジしてみました。

 

日本各地にある郷土料理は、そこの土地ならではの温かみのある味です。

その味を旅から帰って、自分の暮らしでひと工夫して、作ってみることは

 

お土産以上に楽しめるものです。

 

2017 / 07 / 01  22:44

素材の旅 - TILEの魅力 -

The other day was a very fun and wonderful day!

 

素材の旅ストーリーのはじまり。

 

-地球上のあらゆる生き物は土によって育まれています。

植物はその栄養で育ち、やがて動物たちの食物になります。

人類最初の絵は、土の絵の具で描かれました。

 

-The earth's myriad creatures are fed by the soil. Plants grow, obtaining

nourishment from the soil, and become food for animals. 

The first paintings by human beings were rendered using soil pigments.-

 

これは、企画展示「土」見本帖にある文章の一部です。

 

IMG_6190.jpg

 

 

 

今回訪れたのは、愛知県常滑市にあるINAXライブミュージアム。

「観て、触れて、感じて、学び、創りだす」

ものづくりの心を伝えるミュージアム施設を丸1日をかけて、満喫

 

常滑は、窯業が主要な伝統産業で、常滑焼があり、日本六古窯のひとつ。

他は瀬戸、越前、信楽、丹波、備前の五つがあり、この中でも最も古いと言われている場所です。

INAXの発祥地でもあり、国産第1号のモザイクタイルが生まれた場所。

 

 

タイルのコレクションの数々は、海外のタイルや日本の大正から昭和初期時代の建物「建築陶器」も魅力あふれる展示で、

ほんとに様々なタイルの記録が残されているのを見るのは大変面白く、歴史を紐解くような観察であったように思います。

特に世界最古のタイルを見た時は、人が魅了された色であると深くうなづいたのを覚えています。

 

tile.jpg

 

また、フランク・ロイド・ライトの帝国ホテルにあるテラコッタ・タイルの型も含めて、

興味深い展示と話は、さらに充実した貴重な時間でもありました。

そして、クレイ(陶器の釘)を再生させた一部の壁には、不思議な空間を感じるものであったように思います。

 

clay peg.jpg

 

そんな始まりの旅は、素材の探求から始まり、

今後、このタイルの魅力を素材の土を含めて、研究を重ねていくのが

ますます楽しみです。

 

 

1 2 3 4 5 6 7