Information

2020 / 09 / 16  19:33

北欧の装飾にひそむ作品の物語と暮らしの工芸

北欧の装飾にひそむ作品の物語と暮らしの工芸

インテリアのひとつに、飾るという言葉があります。

その飾るの中にある英語で言う「デコレート」(decorate)には装飾の意味であるデコレーション(decoration)も含んでいます。

装飾にもたくさんのインテリア・アイテムがあり、布地であるカーテンや壁に貼るクロスなどもその中に含まれます。

その中でも、特に日用品にある装飾をいくつかご紹介したいなとおもいたち、

今回手にした本をきっかけに、以前出会った食器を思い出しながら、

その作品とそれを作ったデザイナーをご紹介したいと思います。

 

暮らしの中で使う食器は普段、どんな器を使っていますか。

白い器も素敵ですが、

装飾が美しく彩られた器もひとつ加えただけで、

食卓に花が咲いたような特別な時間を与えてくれます。

 

 

今回手にした本が『フィンランドのアラビア手帖』。

 

                                                                                                                         IMG_6488.jpg

 

 

 

そして、ご紹介する作品がエステリ・トラムのコーヒーカップの装飾です。

 

アラビアは、フィンランドの陶磁器ブランドです。

フィンランドを代表するアラビア窯は1873年、スウェーデンのロールストランド社の子会社として創業。ここから数多くの心に残る作品が生み出されていきます。このアラビアの作品に出会ったのが、2014年。

長崎にあるアンティーク・ショップの中でみつけました。実はその時までは、アラビア陶磁器はもちろんのこと、フィンランドのものである事もわからずに、この一点だけを長い時間見ていたことをとても覚えています。

その当時は、北欧という言葉が日本のインテリアの中でも浸透しつつ、北欧の暮らしなどが人気の時期でした。

そんなことは知らずに、たまたま寄ったお店の中にあるコーヒーカップを見た時に、そのカップにある装飾にとても魅了され、惹かれたのを今でもすごく覚えています。

 

この作品はエステリ・トムラが描いたものであるのは、数年経った後に知りました。

繊細な線で描かれた花など、ボタニカルシリーズは、どの作品も素敵な作品ばかりです。

1950年代はアラビアで手描きによる装飾をたくさんデザインし、1950年代後半にはデザインのアウトライン部分をプリントし、手描きで色を足す手法を取るようになったとあります。

アラビア陶磁器から、個性光る作品が多く生まれ、装飾デザインに徹してきたとあるエステリも数々の作品を残しています。

アラビアで150を超える作品を手がけたエステリは、それ以上にたくさんのデザインを考えていたとあり、膨大な量のスケッチには、あきらめずに常に新しいアイデアを求めて、努力を惜しまなかった姿勢が作品の中に物語っているということです。

エステリの作品づくりを知ると、さらにその作品の中にも、その力強さと可愛さ、親しみやすさなどが刻まれているように感じてしまうのは、わたしだけではないように思います。

彼女の作品が多くの人々に親しまれ、フィンランド内だけでなく、海外にも親しまれているのは、その物作りを静かに作品の中の装飾から語っているからではないかと思います。

フィンランドの陶磁器ブランドである「アラビア」の作り手の物語や作品はまだまだ沢山あります。

ぜひ、この機会に『フィンランドのアラビア手帖』を手にして、アラビアの作り手を知ってみることをおすすめします。

作品と共に作り手の作風や物語を知ることは、暮らしの中で使う私達に新たな楽しさを与えつつ、

工芸という日用品の愛着がふつふつと湧いてくるように思います。

 

さらに北欧だけでなく、日本の工芸もその土地ならではの作り手がものづくりを語っています。

いつかまた旅に出る時までに、その土地の工芸を探ってみるのもお勧めします。

さらなる旅への楽しみがきっと増えていくはず。 

2020 / 06 / 03  13:12

ランチョンマットで整理収納

ランチョンマットで整理収納
食卓のテーブルを彩るアイテムとして、欠かせない我が家のランチョンマット。
皿を並べると同時にランチョンマットを敷いて、
家族の箸やスプーン、フォークを置くスペースを作るのは、料理を盛る時と同じように楽しい時間です。
マットの色や形にこだわる事で、料理と共に華やかさが生まれます。
丸形や長方形、楕円などマットには、いろいろな形はありますが、今回ご紹介するランチョンマットは、日常の食卓をエレガントな雰囲気にしてくれる透かし模様が特徴です。
IMG_5024.jpg
このランチョンマットは、もちろん料理の際に使って良いアイテムですが、
実は整理収納にも、大いに活用できるのです。
例えば、帰ってきてすぐに腕時計やイヤリングなどを外していませんか。
それをチェストやテーブルなど無造作に置いて、いざ使う時にあちら、こちらと探したりしていないでしょうか。
もし、思いあたることがあれば、このランチョンマットは敷くことで、いつも置く場所を決めることができるのです。
さらに、普段のマットとは違って、美しい透かし模様が腕時計やアクセサリーをひときわ輝かせてくれるはず。
インテリアの収納アイテムとして、1枚のマットで、簡単に収納として活用できる優れものです。
IMG_5028.jpg
では、マットを敷くだけで、収納となるのでしょうか。
そこには実は、視覚が関係しています。
それは無造作に置いたものが、ランチョンマットという形の中で、
視覚的に収まり、その位置に固定されて、整理収納されるからです。
実際に置いてみると、面白いくらいに整理できて、そこが定位置となり、
習慣化されていきます。それにより、いつも探していた手間もなくなって、効率がよくなったことを次第にわかるようになっていくと思います。
テーブルに、デスクに、それぞれの活用方法を考えて
初夏の衣変えと共に、新しいマットを新調してみてはいかがですか。
このランチョンマットは、一枚持っているだけで、
重宝する我が家のインテリア・アイテムです。
商品の詳しい内容はこちらでご覧頂けます。

こちらでは、

新しいインテリアのアイテムを揃えております。

 

お店の作品や商品はこちらで

 「 LAFSKETCH   

 

 

「小さな変化」は暮らしの中で、
新たな変化を創りだし、
あなたの動きも変えていく、楽しい魔法のようです。
IMG_5023.jpg
2020 / 06 / 01  23:19

ガラスボトルで夏を彩るインテリア・アレンジ

ガラスボトルで夏を彩るインテリア・アレンジ
紫陽花が咲き始めた6月。
陽射しも夏のようにだんだんと強くなり、昼の時間が少しづつ長くなってきたこの頃。
部屋の窓をぱーと開けて、涼しい風を思いっきり通したくなる季節がやってきました。
今回ご紹介するのは、ガラスボトル。
ふっくらした丸みのある形は、優雅な可愛さと共に、光の透明さを和らげています。
そして左右にはレザーのベルトが付いて、持ち運びにも便利です。
IMG_4974.jpg
ガラスの容器は中身が見えることで、キッチン用品や収納用品には欠かせないアイテムですが、
今回のガラス容器は収納というより、インテリアのコーディネートで、素敵にアレンジできるアイテムとしてご紹介します。
その使い方は、いたって簡単。
一輪挿しのように、花を活けたり、
拾ってきた木の実をいくつか重ねたりして、
自然のものとあわせて飾るとガラスボトルの中にひとつの物語を創りだすことができます。
また、北欧ではおなじみのヒュッゲのように、小さなろうそくを灯す瓶として使うのもお勧めですね。
IMG_4973.jpg
家からバルコニーへと場所を移動する時に、このガラスボトルを使ってろうそくを灯し
冷やしたレモンティーを一緒に持っていくと、いつもの日常がくつろぎ時間に変わっていく。
そんな時間を作ってみると、家にいながらでも、ちょっとしたアウトドアを楽しむことができるはず。
一度楽しんでみてはいかがですか。
インテリアのアレンジは他にも色々あります。
例えば、いくつかのガラスボトルの大小を揃えて、家族の誕生日や2人の記念日など
家で楽しむおうちご飯を少しだけ豪華にしてくれる。
それはフランスのプチホテルのようなテーブルコーディネート。
このガラスボトルを使うことで、簡単にアレンジできるので、とても重宝しています。
このアレンジで揃えるのは、このガラスボトルと小さなブーケスタイルの花束。
そして、ろうそくも追加して。(できたら香りがほとんどしないタイプを)
普段ある照明の明るさは、今日だけお休みさせましょう。
ろうそくの灯りは、ともしてみるとわかるように、部屋を包むようなあかるさを与えてくれます。
そして、可愛い花達はおうちご飯をいっそう華やかにし、目で楽しむ美味しさも倍増させてくれる。
そんな夏を彩るガラスボトルで、日常の暮らしに少しだけ変化させて、自分の時間を、家族の時間を
もっと楽しむことで、新たな発見や気づきが生まれてくると思います。
IMG_4971.jpg
ぜひ、ガラスボトルで夏を彩るインテリア・アレンジを。
詳しい商品の内容はこちらで ご覧頂けます。
スクリーンショット 2020-06-03 14.16.28.png

こちらでは、新しいインテリアのアイテムも揃えております。

お店の作品や商品はこちらで 「 LAFSKETCH   

スクリーンショット 2020-06-03 14.16.28.png
*アレンジの基本やインテリアの「小さな変化」については
こちらの本がとてもわかりやすく解説しています。
2020 / 05 / 27  12:54

Enjoy interior 夏色の編みカゴで楽しむ

今回はもうすぐやってくる夏の前に、お部屋のインテリアをほんの少し変えるだけで、初夏の雰囲気を作りだすアイテムをご紹介します。
家の中で楽しむ夏色といえば、自然の色がつまった編みのバスケット。
バスケットは収納としても、もちろんのこと、インテリアとしても、外せない空間のアイテムです。
自然の素材からできている編みのカゴはとても温かみがあり、一点でもあるとなぜか空間に優しさがただよいます。
職人の手により作られた自然素材は、同じものはなく、どこか素朴な作りだからこそ
どこの場所でもしっくりと馴染み、収納という機能もあって、重宝します。
洗面台に置くかごバスケットは、雑多なタオルをポイと入れていても、散らかったようには見えない。
なぜなら、一箇所に大きめのバスケットがあることで、そこに洗濯物が集中しても、収納の機能があるバスケットだからこそ、色の重なりが見えない。
さらに、自然色が全体の空間をなじませて行く。
そんなインテリアの夏色を工夫して使って行くといくつもの「小さな楽しさ」を呼び込んで行くと思います。
IMG_4996.jpg
次に小さめの藤カゴの場合、中に花瓶をいれて、花を束ねて飾るという夏らしいインテリアにもなります。
新緑が美しい夏ならではの、枝ものや緑だけの植物だけを飾っても、
グッと部屋が夏色に変わり、
素敵な模様替えが簡単にできることに。
玄関やリビングなどに、ぜひ試してみてください。
IMG_5005.jpg
生花ではなくても、ドライフラワーをふんだんに使って、
束ねて、入れるのもお勧めします。
編みカゴバスケットは、多様な使い方もでき、
夏ならではのインテリアのアイテムとしては、簡単に活用できる優れ物です。
こちらでは、形が大小の新しいインテリアのアイテムを揃えております。
お店の作品や商品はこちらで 「 LAFSKETCH    」
自分なりのおうち時間を使って、
インテリアライフを大いに、楽しんでもらえると嬉しいです。
IMG_4998.jpg
IMG_4999.jpg

 

2019 / 09 / 25  20:12

旅で発見するインテリア Cafe編 in Melbourne

旅で発見するインテリア Cafe編 in Melbourne
年に数回、海外を旅する中で、目にする街並みやインテリア風景など、その時々でとても面白い発見を見つけることができるのは、とても楽しい時間です。特に、形や色彩なども含めて日本とはまた違う感覚が、まさに旅の面白さでもあると思います。
そんな発見をいくつかご紹介しながら、普段の生活に少しだけ加えてみたり、違う視点で楽しんだりと空間の使い方を参考に記事をまとめてみました。
今回はオーストリアにあるメルボルンのカフェ。
まずはメルボルンの中心にあるシティという街は、カフェカルチャーをこよなく楽しんでいるのがよくわかるくらいに、賑やかです。
IMG_2953.JPG
                           
特にこの写真のテラス席が並んだ場所は、
夕刻の4時頃になると家路へ戻る前に一杯の珈琲を楽しみながら、
ひと息する人や親しい友人と軽い食事をしながら会話する人がたくさん集まって来ます。 
 
IMG_2933.jpg IMG_2934.jpg
__________________________________
ここで小さな発見するのは、「灯りと時間」
左右の通路側にあるのは、それぞれのカフェショップ。そのお店が立ち並ぶ中、夕刻の灯りがほのかに灯っていく。
そして、屋外にあるテラス席のカフェテーブルには店員がロウソクの灯りをひとつ、ひとつと点灯していく。すると、仕事帰りの人々が次々と椅子に座っていく。そんな情景を見ていると、なぜか急にその空間だけが、ゆっくりと時間がすぎていくような感覚に。
こんな風に灯りの使い方を工夫していくと、時間のオンとオフを分けていける。灯りのタイミングは、まさに自分の時間を作りだしていくきっかけになるのかもしれませんね。
これを機会に、灯りを点ける時間をもっと日常の中でも楽しめるように工夫したいなと、そんな参考になる一瞬でした。
______________________________________________
IMG_3405.jpg IMG_3408.jpg
 
______________________________________________________
                                                                                                                 
次に紹介するのは、
  • 『ビクトリア州立図書館』にあるカフェ。
この図書館には2つのカフェがあり、館内と館外とに分かれます。こちらのカフェは館外のカフェです。
入口のテラス席と店内の中は、お昼のランチタイムで多くの人で賑わっていました。
ここで小さな発見をするのは「壁の装飾」です。
お店のショーケースがある壁には、ユニークで可愛いアートで彩られた模様が四方に描かれています。
そして、奥にある部屋の壁は図書館のカフェならではの演出があります。
図案のような絵と積み重なる本がオブジェのように飾られているのがとても面白さを感じました。
よくよく見ないと絵と一体化しているような、そんな面白さを感じて、このユニークさを自分のインテリアに持ってくるのもとても参考になります。ここで、大事な点は色のバランスです。黒のアイアン(鉄)のフレームで作られた額縁とテーブルカウンターの上部にある照明の黒枠が部屋の全体として、しっかりと調整している点です。アクセントが様々な色のボリュームをおさえる事で、壁のアートが素敵な空間として浮かび上がっているのがよくわかると思います。
________________________________________________
IMG_3483.JPG
IMG_2976.JPG 
IMG_2974.JPG
IMG_2965.JPG 
___________________________________________________
次に紹介するのは、
  • 『Post office』 に隣接するカフェ。
ポストオフィスはいわゆる、郵便局。ビルの1階にあるこの郵便局の隣が今回のカフェです。
ここは地下鉄やトラム(路面電車)の駅やバス停などが近くにある交差点の側にあります。とても利便の良い場所です。
平日は朝早くにコーヒーを片手にビジネスマン達が行き交う場所でもあり、このカフェも多くの人で賑わっています。
大きい窓がオープンに開かれて、カウンターの上部から吊るされた植物がひときわ目立ちます。
店内はそんなに広くないですが、大きな窓やお店の入り口のホールにはテラス席もあり、その狭さを感じない空間です。
そして、とてもカジュアルなお店のスタッフは、笑顔が素敵なフレンドリーな人達ばかり。
ここで小さな発見をするのは「窓とプランツ」です。
ここの空間は、特にインテリアとして、自分の部屋に取り入れるアイテムや飾り方の手法がいくつもあります。
参考になるポイントをいくつかご紹介すると、
  • 植物の選び方  下に伸びていく植物を多く使っている事。
  • 鉢のレイアウト 窓側は編みタイプの紐の鉢、コーヒーのカウンターはガラスの鉢を使い分けている点
  • 照明の大きさ  植物のレイアウトに合わせて、小さい型の照明やガラスの照明を使っっている点
  • 全体の空間カラー ナチュラルな色合いに、木目を使った家具やオーガニックな塗装を使い、シックなグレー色でまとめている点
よくよく見ると、食器の色や食材の缶詰なども色を合わせて棚をバランス良く並べているのがわかると思います。
こんな風に、実際に自分の収納の整理や見せ方なども参考になるアイデアがいくつも見つけることがきっとできると思います。
_________________________________________________________
IMG_3486.JPG
IMG_3485.jpg IMG_3491.jpg
___________________________________________________
次に紹介するのは、
  • 『Queen Victoria Market 』 に隣接するカフェ。
メルボルンでは、三大マーケットで知られる「クィーンビクトリアマーケット」「サウスメルボルン」「プラーン」があります。
その中で「クィーンビクトリア・マーケット」は値段も安く、普段の食材はもちろん、お土産品などもたくさんあります。
朝早くから観光客も多く、特に土日にはポップアップショップも出店しているので、意外なお土産品などを見つけることができる場所です。そこに隣接するカフェでは「トマトスープとパン」がとても美味しくて、買い物に疲れた足を休めて軽食を楽しみながら、休憩するのはお勧めです。
ここで小さな発見をするのは「スープ皿」です。
人工大理石のカフェテーブルに黒のカップスープ。そこに、ほのかに香るスパイスのトマトスープ。屋外にあるカフェですが、料理にあわせた食器がとてもオシャレで、そこに2枚のライ麦パンが添えてあるのは、トマトスープが私が主役ですと言っているかのように。
シンプルな料理でも、その料理や食材に合わせてセレクトされた食器は、視覚的にも美味しさが倍増します。
お店の一部にある「壁の看板サイン」が木目とシルバーの色から、このお店の雰囲気を物語っているようです。
日本の場合、バルコニーや庭があれば、こんな風に屋外にも置ける正方形のカフェテーブルと椅子で軽食を味わってみると、普段と違う食事を楽しめそう。そこにはトマトスープを作って、黒のカップスープ皿をぜひ使ってみたい。
________________________________________________
  
IMG_3477.jpg IMG_3476.jpg 
IMG_3461.jpg IMG_4510.JPG 
________________________________________________
次に紹介するのは、
  • 『Brighton』にあるカフェ。
ここは市街から電車で30分程の場所にある駅近くのカフェです。ここに行く目的は、実は最近人気のある「Middle Brigton Beach」にある
建物を見に行く為に、出かけました。
それは、海岸に立ち並ぶ色とりどりのサーファーの小屋です。ここの特徴は、それぞれの小屋が国旗やシンボルマークなど多彩な色で表現していることです。この建物を見に来る観光客も日に日に増えているようです。その海岸まで行くのに、降りた駅のカフェが今回の場所になります。
ここで小さな発見をするのは「カフェテーブルとクッション」です。
イギリス様式を見るようなインテリア空間。色調はオーソドックスな雰囲気をかもしだしながら、カフェテーブルとクッションがとても落ち着く空間です。お馴染みの人々が新聞を読み、お茶を楽しんでるのを見ると映画のワンシーンのようでした。
重厚な色の家具でも、カフェテーブルの角をなくすことで、柔らかさがでてきます。また、ベンチ式の長椅子の座面に布池カバーを使い、そこにアクセントとして、ポップなクッションを置いているのは、とても参考になるインテリアです。
例えば、季節ごとに模様替えをしたくなった時に、大きなダイニングテーブルも良いですが、カフェテーブルを二つ並べて、長椅子を使って、雰囲気を替えて見るのも面白いかも。そこには、やはり外せないアイテムはクッション。椅子の座面にある布なども一新したりすると一気に部屋が変わった印象になります。クッションはお部屋にある色調とあわせて考えると、インテリアのアクセント使いには、とても簡単なアイテムです。好きな色やイラストなど、お気に入りのクッションを探すのも、楽しいインテリア作りのきっかけにもなります。
______________________________________________________
IMG_3346.JPG 
IMG_3321.jpg IMG_3320.jpg
 
______________________________________________________
                                                                                                                 
次に紹介するのは、
  • 『Jazz cafe』

ここは滞在していたホテルの近くにあり、毎朝起きては、すぐ前にある公園を散歩する。その日常で、カフェラテを買っていたのがこのカフェ。毎日の日課でスタッフの方や常連客とも仲良くなって、一番お世話になったカフェです。

道路を挟んだ先に公園があるので、カウンターから見る景色も気持ち良く、カフェラテができるまで、ここに座って待つのがとても好きな時間でした。

ここで小さな発見をするのは「照明とカウンター」です。

 

カウンターで向き合うテーブルには、中心はボックス式になっていて、そこにナプキンや植物をさりげなく置いてあるのがわかると思います。カウンターとカウンターの隙間を収納ボックスにしているのは、家具のデザインやインテリアのアレンジにも応用できます。壁はジャズカフェという名前でわかるように、レコードのジャケットが飾られています。配置よく、ジャケットの色合いをあわせて均等に飾られているのは、片面の壁のみです。カフェの厨房になる場所の家具のデザインは、スリット型によるもの。家具の足部分を黒にすることで、スリットの木がとても鮮やかに、映えています。もちろん照明も黒色にしています。窓側のカウンターには透明のガラス球がインテリアの照明としてほのかに光って、座っている人に眩しさを感じず、静かな明かりになっています。

 

IMG_4514.JPG IMG_4513.JPG

IMG_4515.JPG IMG_4512.JPG 

 

 

それぞれのカフェを訪れて

そこで発見したものは、そんなに広くない空間。その空間を色や形をバランス良く配置し、さらにデザイン性も調和している工夫は、自分の家にも参考にできる。そんなインテリアの数々のカフェを訪れました。旅の中で発見した工夫やアイデアは、次なる部屋づくりや模様替えの時に何かしらのヒントを与えてくれる。

観光も、もちろん楽しいですが、「小さな発見を探す旅」の中でインテリアの参考になる記録をするのは、普段の旅とはまた違う視点ができて、ひそかにお勧めです。次回はShop編をご紹介したいと思います。お楽しみに。

 

1 2 3 4 5 6 7 8