Information

2017 / 06 / 24  20:44

郷土菓子の探求 ー京都和菓子ー 

2016年の春から福岡と名古屋の2拠点を行ったり、来たりしながら、

福岡では味わえない旅の素材を観察・経験する日々。

その最初が「京都」。

今までも何度も足を運んだ場所ですが、観光という形ではなく研究という目的を持って、

新たな旅が始まりました。

 今回の場所は、北野天満宮近くのお店「老松」で、京菓子づくりを体験。

 

FullSizeRender.jpg

 

 

 

京菓子の伝統をふまえながら、形に、素材に、たえず新しい息吹をふきこんでいる老舗の京菓子店。

歴史や土地、お茶やお菓子の文化などの話が面白く、

手のひらで創り出す日本のお菓子作りはとても良い経験でした。

さらに、「老松」は京都の伝統文化保存のための様々な活動をおこなっていて、

京菓子教室の他に、文化教育活動なども改めて、京都の楽しさを満喫。

京都ならではの郷土菓子。

それは土地の風景と環境が創り出したものであることが雅な造形として、

素材を巧みに使い、見てよし、食べてよしの深みのある感覚を味わえたこと。

それは、今までおとづれた京都とは違う新たな京都を肌で感じた旅のように思います。

体験は、観光のみだけでは終わらない面白さを味わえる。

来て良かった!京都の菓子づくり。

 

ぜひ、体験の旅へ。

 

FullSizeRender 2.jpg

 

1