Information

2017 / 10 / 12  21:45

織物テキスタイル in 金沢21世紀美術館

初めての場所で、芸術の旅ひとコマ。

 

10月に嬉しいご縁があり訪れた場所は金沢21世紀美術館。

開催している日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展覧会<日々の生活気づきのしるし Everyday Life – Signs of Awareness>

 

 IMG_6895.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会はもちろんのこと、今回のお話は、特別ワークショップ。

 

今回のワークショップは、デンマークのテキスタイルデザイナーのRosa Tolnov Clausen(ローサ・トルノウ・クラウスン)から布の由来や織りの手法などについてのミニレクチャーがあり、実際に手織り機で糸を織り、織物を作るという内容。

 

 IMG_6882.JPG

 

 IMG_6883.jpg  IMG_6876.jpg                     

 

 

 

ミニレクチャーでは、織物に関してはもちろんのことですが、織物を織る素材や道具についての話は、手織り機は日本製を使い、糸はデンマークとメキシコ製など使う。いわゆる、海外のさまざまな伝統を織りの素材と色というコミュケーションで、いくつも重ねていく手法をそれぞれが創り出すという事です。

 

  IMG_6886.JPG

 

そして、織る糸の選別や織っていく模様などは、織る人により、様々な色や模様を描き出す。全てがオリジナル作品。

さらに、開かれた場所でのワークショップは、世界各国の見学の方々がいろいろと質問、見学をしてくるので、美術館でありながら、アトリエのように賑やか!

 

IMG_6887.JPG

 

レクチャーから機織りの実践など、2時間の予定が大幅に延長。

そして、それぞれの作品はフォトグラファーの彼により、その実体験を写真に撮って、アーカイブされていきます。

レクチャーの流れから工程、記録と見学者の質問やコミュケーションなど、全てにおいて、わかりやすく開かれた場所のような美術館、

そしてフラットな自由さを感じた面白さもあり、普段の美術館では経験できないことが豊富でした。

一日中いてもじっくりと堪能でき、とても満足した時間。

  

金沢の街は全体的に見ると、アート作品やオブジェがしっくりと街の中で表現されているのが、とても楽しく、違う視点も膨らみ、殊の外楽しい時間を満喫。

新たな学びとして、面白い視点を与えてくれた金沢の旅は、芸術的な風景やコトづくりも含めて、とても良い刺激を与えてくれた時間でもありました。

 

旅の目的に、ワークショップがある場やその時期を見つけて、行くのはとてもお勧めです。

体験を含めた旅は、観光以上にもっと面白い時間を楽しめると思います。