Information

2013 / 02 / 17  02:34

One Step

最初の一歩。

 

今回のお話「D.I.Y」経験

以前からいつも冊子を見つけては、本を読みながら、

いつかやってみたいと思っていたシルクスクリーン。

 

今回は、そのシルクスクリーンのワークショップを経験してきました。

ワークショップというより、特別講座スタイルで

シルクスクリーンの過程を半日みっちり教えてもらった内容です。

最初は布や紙に写し出す模様や絵などを作る事から始まりです。

 

この模様は、

建築で実際に作った扉です。

そのデザインしたものを

少しアレンジして作りました。

 

では、実際のシルクスクリーン作業は

  1. シルクスクリーンの版づくりから塗料を選ぶ。
  2. 次は、できた版を固定の機会に設置する。
  3. そして、スキージという刷毛のようなもので力加減を微妙に作る(これがちょっと難しい)
  4. 液を刷毛で、同じスピードで上から下へと引いて行く。
  5. 終わると、版を上にゆっくりと上げます。すると、模様が生地に浮き上がっています。
  6. (この時が感動です!)
  7. その後、アイロンで乾かしての出来上がりです。

 

 

流れは、とても簡単のようですが

画像の大きさを確認したり、色の配分を考えたり

引く力加減など、すごく勉強になりました。

そんな色々な作業工程がとても面白くて、ひとつ、ひとつを感動していました。

 

 

感想

 

選んだ塗料は白という一番難しい色を選んでしまったのですが

とても仕上がりに満足しています。

生地もいくつか試し刷りをして、模様の浮き上がりが

また違う風合いをだしてくれて、本当に楽しいD.I.Y シルクスクリーンでした。

 

作品

Tシャツ

・トートバック

 

そんなOne step  は、次のステップに進みたくて、うずうずしています。